2016年04月07日

デンマークテキスタイルとminä perhonenの世界が融合したインテリア。

こんにちは。

季節が冬から春へと移り変わるにつれて、
お部屋の雰囲気を変えたい気分になってきませんか。

グリーンを飾ってみたり、シーツを明るい色に変えてみたり...。
ちょっとしたきっかけで、お部屋で過ごす時間がいつもより嬉しくなったりするものです。


この春、axcis nalfは初めてのオリジナルのスツールとクッションを発売します。



mina_フライヤー_入稿-01.jpg



この柄をご覧になって、「タンバリン」!とピンときた方もいらっしゃるのではないででしょうか。

このファブリックは、デンマークのテキスタイルブランドであるKvadrat(クヴァドラ)と
日本を代表するファッションブランドminä perhonenのコラボレーションで生まれました。
小さなドットが集まって輪になっているタンバリン柄は2001年に生まれ
minä perhonenのスタンダード柄として愛されています。



----------------------------------------

Kvadrat(クヴァドラ):
1968年デンマークにて創業したテキスタイルメーカー。欧州のトップメーカーであり、ニューヨーク近代美術館や広州オペラハウスなど世界の代表的な建築物で使用されている他、各国ホテルロビーなど公共の場でも使用されることが多い。テキスタイルデザインの新境地を絶え間なく生み出している。EUエコラベル保有。重金属含有の染料、塩素、アゾ染料は一切使用せず、環境への取り組みを最優先事項に掲げている。

minä perhonen(ミナペルホネン):
ファッションデザイナー皆川明が1995年に設立したブランド。生地産地に足を運ぶことから始まる、オリジナルデザインのテキスタイルによる服作りを特徴としている。ブランド名や商品名の多くはフィンランド語から採られており、流行にとらわれないデザインと物づくりの思想は、北欧的なものと日本的なものの共通項としても語られる。

----------------------------------------




今回、この上質なファブリックをつかって
axcis nalfオリジナルスツールとクッションをつくることが実現しました。


スツールは、「MARU Stool」と「SHIKAKU Stool」の2種類。
やさしい座り心地と、すっきりとした佇まいにこだわりました。
木工作家ヨネモノさんと何度も試作を重ね、
座面裏面にタッカーを使用せず、真鍮マイナスネジを使用するなど
細部に渡り丁寧な手仕事で仕上げていただきました。

ファブリックカラーは、それぞれ7色からお選びいただけます。



miniファブリックカラー-02.jpg


web_maru.jpg


web_shikaku.jpg




クッションは、タンバリン柄×無地の組み合わせでつくりました。
お部屋の中でも自然界を感じられるような色合わせを、
300パターン以上ある組み合わせの中から7つ選びました。
40cm×40cmのちょっと小ぶりサイズですが、生地に厚みがあるのでしっかり存在感があります。
カバーは取外可能で、洗濯できる国産ヌードクッションが付属しています。



minaDMomote.jpg


minaDMura.jpg




スツールもクッションも、7周年イベントのスタートにあわせて
4月21日(木)より店頭・WEB SHOP共に通常販売を開始致します。

それに先駆けまして、
2016年4月14日(木)10:00~より 店頭・WEB SHOPにて、予約受付を開始致します。
WEB SHOPはこちら↓
http://www.axcis.jp/products/list.php?name=kvadrat&mode=search&search.x=0&search.y=0



このスツールやクッションが
みなさまの暮らしのなかで永く輝き続けることができますように。

そんな思いで生まれたアイテムです。

店頭ではフライヤータイプのミニカタログを配布しております。
どうぞ手に取ってみてくださいね。



axcis nalf
岡山市北区田中624-1
086-250-0878  shop@axcis.jp
OPEN:10:00〜19:00
CLOSE:水曜日※祝日は営業。

posted by axcis nalf at 17:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする